雛人形 日本古来より伝わる節句のお人形「雛人形(ひなにんぎょう)」。


人形チェーンホーム > 雛人形(ひな人形)

ひな人形の由来

奈良時代に病気等、悪いことから身を守るおまじないの一つに紙や草木などで人の形をしたものを作り、これで体を撫でて病気や災いを移し、川に流す儀式がありました。これが「流しびな」という風習になり、おひなさまの先祖になったといわれています。
ひな菊・ひなげしなど「ひな」と付くものは可愛いものばかりですが、平安時代に貴族のお姫様たちの間でお人形遊び「ひいな遊び」が大流行しました。きっと可愛い人形だったんでしょう。(ひいなはひなの古語)
現代のおひなさまは奈良時代の「おまじないの儀式」と平安時代の「ひいな遊び」が長い間に結びついて生まれたものです。
おひなさまは「流しびな」でもわかるように、ひとりひとりの厄災を身代わる風習を引き継ぐものです。今風に言えば、おひなさまはマンツーマンで女性を守ってくれる「一生のお守り」なのです。たとえ家族であろうと共有したり引き継いだりするものではありません。

ひな人形の種類

ひな人形と言っても、その種類は様々。画像とともに紹介します。

木や藁などでかたち作った胴体に衣裳を着せつけ、これを台に固定した人形です。

木目込人形は、胴体に彫った溝に布地の端を埋め込んで、衣裳を着せたように見せる人形です。


ひな人形の購入時期

一般的には母方の実家から贈られていたものですが、今では、両家で折半するなど様々です。
購入は、お正月明け早々から2月中旬までには済ませて、ひな祭りの10日前には、飾れるようにするのが理想的です。ひな祭りの前日になって慌てて飾ることは、「一夜飾り」といって昔から縁起が悪いとされていますので避けましょう。
早めに飾ってお家に訪ねてきた方々と共にお子様の健やかな成長をお祝いしながら楽しむのがベストです。

ひな人形のきまりごと

「ひな祭り」に飾る雛人形は、ひとりひとりの災厄を身代わるという風習から誕生したものです。
古来より、雛人形を姉妹で共有したり、親から子へ譲ることは厄除けという本来の姿から外れ、災いを共有したり、引き継がせてしまうと伝えられています。
「おひなさま」はマンツーマンで女性を守ってくれる「一生のお守り」です。
また、ひな人形はお子さんと一緒に飾る楽しさと共に、実際に手を触れることがその子の災厄を移すという意味も含んでいます。
分別が分かる年齢になったら親子で一緒に飾ったり、仕舞ったりして楽しんでいただきたいと思います。
その中で、物を大切にする心や、送り主である祖父母や両親に感謝する気持ちや、家族の絆を考える時間が生まれてくると思います。
人形を壊したり、汚したりしても、それはお子さんの災厄をひな人形に肩代わりしてもらったと考えていただきたいと思います。

全日本人形専門店チェーン 全国の加盟店紹介

九州エリアはこちら 四国エリアはこちら 近畿エリアはこちら 中国エリアはこちら 東海エリアはこちら 関東エリアはこちら 甲信越・北陸エリアはこちら 北海道・東北エリアはこちら