• 鎧兜。節句人形のことは節句人形のプロへ−節句はお子様にとって、大切なお祝いです。桃の節句、端午の節句、正月飾りのことなら全日本人形専門店チェーン加盟店にご相談ください。
  • 羽子板。節句人形のことは節句人形のプロへ−節句はお子様にとって、大切なお祝いです。桃の節句、端午の節句、正月飾りのことなら全日本人形専門店チェーン加盟店にご相談ください。
  • ひな人形。節句人形のことは節句人形のプロへ−節句はお子様にとって、大切なお祝いです。桃の節句、端午の節句、正月飾りのことなら全日本人形専門店チェーン加盟店にご相談ください。
  • 節句人形のことは節句人形のプロへ−節句はお子様にとって、大切なお祝いです。桃の節句、端午の節句、正月飾りのことなら全日本人形専門店チェーン加盟店にご相談ください。

盆提灯

全日本人形専門店チェーン 全国の加盟店紹介

九州エリア 四国エリア 近畿エリア 中国エリア 東海エリア 関東エリア 甲信越・北陸エリア 北海道・東北エリア
更新履歴

雛人形(ひな人形)のあれこれ

雛人形(ひな人形)は、3月3日の雛祭りに飾るお雛様の総称です。
基本的なデザインは、宮中の殿上人の平安装束を模しています。
現在の雛人形(ひな人形)の髪型は、主に「大垂髪(おすべらかし)」と呼ばれるスタイルです。
その雛人形(ひな人形)は江戸時代後期に完成された比較的新しい髪型で、ビン(前髪部分)を大きく張った髪型です。

雛人形(ひな人形)の髪型は、「大垂髪(おすべらかし)」以外には木目込み人形などに多く見られる「古典下げ髪(こてんさげがみ)」があります。「大垂髪」は、平安時代からの垂れ髪形式が鎌倉・室町を経て、「古典下げ髪」は、割り毛とも呼ばれ、平安時代では長く黒い髪が美人の条件とされていたため、髪を全て後ろへ流し、わずかに垂らした両頬の毛を切りそろえた髪型で、顔を髪の毛で三方から包むことで面長に見せ、肌色の白さを強調し、より美しく見せるためとされていました。
雛人形(ひな人形)のなかでも、「古典下げ髪」は、「大垂髪」よりも結髪の技法が難しく、結髪師の技量が問われるため現在は希少となっています。
雛人形(ひな人形)の主役となるのは、内裏雛(だいりびな)あるいは親王(男雛、女雛)です。
「親王」・「内裏雛」(しんのう・だいりびな)雛人形(ひな人形)の名称は様々で、男雛(おびな)・女雛(めびな)とか、簡略して殿姫(とのひめ)などと呼んだりしています。それぞれ天皇、皇后をあらわしていて、正しくは親王と親王妃です。
男雛は天皇にのみ許されている立纓の冠を戴いている雛が多く、繧繝縁(うんげんべり)の厚畳の親王台が敷かれています。

「 三人官女」(さんにんかんじょ)

雛人形(ひな人形)の引き立て役であり、宮中に仕える女官をあらわしています。
そのなかの1人のみお歯黒、眉無し。(既婚者を意味しますが、生涯独身の女官の場合には年長者という意味でもあります)

「五人囃子」(ごにんばやし)

最近の雛人形(ひな人形)は人数が少なくなっていますが、愛らしい姿が人気者です。
スタイルは、能のお囃子を奏でる5人の楽人をあらわし、向かって右から、謡(うたい)、笛(ふえ)、小鼓(こづつみ)、大鼓(おおづつみ)、そして太鼓(たいこ)の順で、右から楽器が小さい順番に並んでいます。 能囃子の代わりに5人、又は7人の雅楽の楽人の場合もあり、向かって右から、羯鼓、火焔太鼓、笙、篳篥、横笛 の順に並べます。

「随身」(ずいじん、ずいしん)

通称右大臣と左大臣と呼びますが、向かって右が左大臣で年配者、向かって左が右大臣で若者です。
いずれも武官の姿ですので、正しくは近衛中将または少将です。
また一説には、北面の武士を表現したもので、右大臣・左大臣ほどの身分ではないとも言われています。

「 仕丁」(しちょう)あるいは衛士(えじ)

雛人形(ひな人形)も七段飾りが少なくなってきているので、仕丁が見られなくなりました。
従者をあらわしていて、通常3人1組です。それぞれ、日傘をかざしてお供する係、殿のはきものをお預かりする係、雨をよける丸い笠(かさ)を竿(さお)の先にのせてお供する係を分担しています。向かって右から立傘(たてがさ)、沓台(くつだい)、台笠(だいがさ)の順に飾る。怒り、泣き、笑いの表情から、三人上戸(じょうご)の別称もあります。
京都風の雛人形(ひな人形)では、御所のお掃除をしているので、持ち物も箒:熊手:チリトリを持ったデザインとなっています。

雛人形(ひな人形)の飾り方は、男雛を右(向かって左)に配置する家庭が多くそれが一般的になっています。
結婚式の新郎新婦もそれに倣っていて、日本の文化による変化で地域差もありますが、関東雛と京雛では男雛と女雛の並ぶ位置は逆となっています。
かつての日本では「左」が上の位でした。
明治天皇の時代までは左が高位というそのような伝統があったため天皇である帝は左に立っておりました。
しかし明治の文明開化によって日本も西洋化し、その後に最初の即位式を挙げた大正天皇は西洋式に倣い右に立ちました。以降から皇室の伝統になり、近代になってからは昭和天皇は何時も右に立ち香淳皇后が左に並びました。
それにならい、雛人形(ひな人形)も多くの地域では男雛を右(向かって左)に配置することとなりました。
しかし、雛人形(ひな人形)には特に飾り方に決まりごとはなく、好みで飾れば良いこと考えられています。

雛祭りの日が終わった後も雛人形(ひな人形)を片付けずにいると結婚が遅れるという話は昭和初期に作られた俗説ともされ、旧暦の場合、梅雨が間近であるため、早く片付けないと人形や絹製の細工物に虫喰いやカビが生えるから、というのが理由だとされています。また、地域によっては「おひな様は春の飾りもの。季節の節できちんと片付ける、などのけじめを持たずにだらしなくしていると嫁の貰い手も現れない」という、躾の意味からもいわれています。


会員一覧

◆北海道

◆秋田県

◆福島県

◆新潟県

◆東京都

◆茨城県

◆千葉県

◆埼玉県

◆群馬県

◆栃木県

◆神奈川県

◆静岡県

◆山梨県

◆長野県

◆富山県

◆岐阜県

◆滋賀県

◆大阪府

◆愛知県

◆三重県

◆京都府

◆岡山県

◆広島県

◆鳥取県

◆香川県

◆愛媛県

◆福岡県

◆長崎県



MEMBER ONLY

全日本人形専門店チェーン加盟店 MEMBERS LIST

全日本人形専門店チェーン(通称・人形チェーン)は、雛人形(ひな人形)と五月人形を主とする節句人形を扱う人形専門店のボランタリーチェーンです。
昭和45年6月に結成され、人形業界では最古のボランタリーチェーンとして雛人形業界でも大きな存在となっています。
ボランタリーチェーンは個々の雛人形業者が一体となり、大手企業の物量作戦に対抗する、今日の小売業者にとって十分に考慮に値するひとつの生き方であります。
当チェーンではその組織力を生かし、「責任の持てる優れた雛人形と五月人形」を取扱っております。
長年の歴史のおかげで、ボランタリーチェーンのメリットを最大限に活用したPR、商品開発などによる成果は着実な伸びを見せ加盟会員店の大きな力となっています。
雛人形業界には各店舗により古くからの信用や伝統があり、他産業のように安易にチェーン化に踏み切れない要因が少なくありません。
人形チェーンは人形専門店としての存続と、人形業界の活性化を願って結成されました。
会員相互の協力が、私たち人形チェーンをより強く大きくし、業界を発展させ、そのことが消費者の皆様にご満足頂ける商品提供へと結びつくことと存じます。